男性と女性が恋人として付き合うためにはまずはお互いが出会うことが必要不可欠です。
最近では色々な方法によって見ず知らずの男女が出会う機会はとても多くなりました。
しかし、昔も今も恋愛が成就する成功率がとても高い出会いが友人からの紹介によるものです。
どうして友人からの紹介によって出会うことが恋愛成功率が高くなるのでしょうか。

友人に対して信頼をしていない人はまずいないでしょう。
そんな信頼している友人もこちらの事を信頼していますし、その信頼を裏切りたくないと考えています。
ですから友人が紹介してくれる異性は初めから信頼が置ける人物だという事になります。

異性同士で仲良くなるためには同性以上に信頼関係が必要不可欠です。
友人からの紹介であれば友人を介して初めからお互いに信頼関係が築かれているので、それほど時間がかからずに自然と仲良くなることが出来ます。
また、相手の情報も友人を介して得ることが出来やすいので、好きなものや趣味を知ることが出来てすぐに共有することができますし、嫌いなものも知ることが出来るので相手に不快な思いをさせることも少なくなります。

そして、友人はこちらの恋愛傾向を良く知っていることも成功率が高い理由の一つです。
そして客観的な目線で見ることが出来るので、場合によっては自分よりも相性が良い異性を把握しています。
そんな友人が連れてくる異性ですから違和感を感じずに円滑に有効な関係を築くことが出来ます。

もう一つ、類は友を呼ぶと言いますが、これはあながち嘘ではなく、仲良くなる集団というのはどこか皆雰囲気が似ている人が多いです。
ファッションや価値観、趣味など共通する雰囲気は色々ありますが、連れてきてくれた異性もどこか自分と似た雰囲気を持っていることがほとんどです。
恋愛において、時には全く違った雰囲気の人に惹かれることがありますが、長く付き合っていけるのは結局似た者同士だったりします。
このように、友達の紹介は恋愛成就にとても有利な条件がたくさんあるのですが、デメリットが無いわけではありません。

最も大きなデメリットが恋愛がうまくいかずに別れることになった場合です。
自分だけではなく付き合っている相手も友人は知っていますから、別れることになった場合は友人関係が多少きまずくなる事もあります。
そのほかにも進展状況が筒抜けだったりとそれなりのリスクがあります。
メリットとデメリットをよく考慮して紹介してもらうようにしましょう。